企業委託生制度
短期間で建設技術者育成のための「企業委託生制度」
企業委託生制度のご案内
近年の公共事業削減による建設技術者の減少に加え、東日本大震災の復興や国土強靭化基本法案等による公共投資の急増を受け、今、建設業界は深刻な技術者不足に陥っています。

更に老朽化する道路や橋等の維持管理に伴う建設技術者の必要性は高まっていますが、ご存知のように現在は産業構造の変化や若年者の価値観の変化、理系離れなど建設業界への希望者が減少し続けています。このままの状況では技術者の高齢化、若年技術者の慢性的な不足が深刻化し、若い技術者の確保がますます困難になると予想されます。

今後、このような情勢に対応していく為には、企業独自で中長期的展望に立ち、積極的な自社の人材育成・確保に努力しなければならないでしょう。

つきましては、本校の企業委託生制度を利用されてはいかがでしょうか。この制度は、各企業で採用した社員(高卒以上)を本校に委託生として入学させ、本校で責任を持って技術教育を行う一方、事業主の負担を軽減すべく学費の一部を免除する制度です。また、学校の休み期間や企業実習期間に、各企業で研修(仕事)をすることにより、卒業までには各企業に合った即戦力が養成されます。

また、厚生労働省の人材開発支援助成金を利用することが可能です。
(助成金については、北海道労働局雇用助成金さっぽろセンター(TEL.011-788-9070)に確認してください)

なお、詳細やご不明な点は、お気軽に本校事務局にお問い合わせください。助成金に関する資料もお送りいたします。
国土交通大臣認定・登録、厚生労働大臣指定校だから資格取得がどこよりも早く!確実!
高校卒業後1年で測量士補・3年で測量士〈国家試験免除〉
測量情報科(1年課程)環境土木工学科(2年課程)は、卒業時に国家試験免除で測量士補、実務2年後に測量士を取得できます。
高校卒業後3年で土木施工管理技士、造園施工管理技士取得〈全国唯一の最短コース〉
環境土木・造園施工管理科(1年課程)では、本校環境土木工学科や造園緑地科(2年課程)と同様に卒業後実務2年で2級施工管理技士を受験できます。

全国唯一の最短コ-スです。
(なお、在学中に学科試験を受験できます)
在学中に2級造園技能士、園芸装飾技能士資格取得可能
造園緑地科 (2年課程)では、 1年次に3級を全員受験し2年次に2級を受験できます。環境土木・造園施工管理科造園コース(1年課程)は、3級造園技能士が受験できます。
樹木医補資格認定校
造園緑地科(2年課程)では、一般財団法人日本緑化センターの「樹木医補資格養成機関」に登録されており、卒業後には樹木医補に認定され、樹木医を通常実務7年が必要のところ1年で受験できます。

企業委託生制度のメリット
  • 企業委託生制度の利用で通常の学費の一部が免除!
  • 短期間で国家資格を取得
  • 定着率が高い地元出身の若い技術者を獲得できる!
  • 高校生の中には、進学したくてもできない事情の生徒も多く、企業委託生の相談には進路指導担当の先生も積極的に応じてくれます。
  • 本校のカリキュラムにより実力のある技術者を育成!
  • 企業研修により卒業まで各企業様に即した技術者を育成!
  • 厚生労働省人材開発支援助成金を利用できます。
企業委託生制度募集要項
応募資格
企業より推薦された高校卒業以上の者、又は卒業見込みの者(社員または内定者)。

選考方法
入学志願票(本校にお問い合わせください)及び成績調査書・学力検査(数Iの基礎的問題)・作文 (800字程度)・個人面接により選考します。

学費
授業料の内、年額 10万円を免除します。

■環境土木工学科 / ■造園緑地科

  入学金 学費
初年度 15万円 58万円(通常68万円)
2年次 58万円(通常68万円)
合計 131万円(通常151万円)

■測量情報科 / ■環境土木・造園施工管理科

  入学金 学費
初年度 15万円 58万円(通常68万円)
合計 73万円(通常83万円)
※その他、教科書・教材費として年間25〜35万円を必要とします。

人材開発支援助成金

企業が、雇用する労働者に対して職業訓練などを計画に沿って実施した場合に、訓練経費や訓練期間中の賃金の一部を助成する制度です。企業委託生制度を利用される企業が活用できます。

  • ①労働生産性向上訓練
    厚生労働大臣が専門的・実践的な教育訓練として指定した専門実践教育訓練
    適用学科:造園緑地科、測量情報科
    掲示助成:対象経費の45%(最大50万円) ※若年雇用促進法に基づく認定事業主などは60%
    賃金助成:1時間当たり760円(最大1,600時間) ※生産性要件を満たす場合960円
  • ②若年人材育成訓練
    雇用後5年以内で、35際未満の若年労働者への訓練
    適用学科:全学科
    経費助成:対象経費の45%(最大50万円) ※若年雇用促進法に基づく認定事業主などは60%
    賃金助成:1時間当たり760円(最大1,200時間) ※生産性要件を満たす場合960円

※上記の各金額は1人あたりの金額(中小企業の場合)です。
※本稿の授業時間は年間約1,100時間です。
※賃金助成は、企業の定める就業時間内に行われた訓練が支給の対象となります。
※詳細は、北海道労働局雇用助成金さっぽろセンター011-788-9070にお問い合わせください。


企業実習と夏季・冬季・春季休業について
この期間に会社に戻り企業研修(就業)することが可能です。

【環境土木工学科】【造園緑地科】

  1年次 2年次
企業実習 約10日間
夏季休業 約25日間 約20日間
冬季休業 約30日間 約25日間
春季休業 約30日間 約50日間(授業最終日から3/31までの日数)
合計 190日間

【測量情報科】

  1年次
夏季休業 約20日間
冬季休業 約25日間
春季休業 約45日間(授業最終日から3/31までの日数)
合計 90日間

【環境土木・造園施工管理科】

  1年次
企業実習 約10日間
夏季休業 約25日間
冬季休業 約30日間
春季休業 約35日間(授業最終日から3/31までの日数)
合計 100日間