資格取得体制 A qualification
資格取得への確かな近道
国土交通大臣登録・認定、厚生労働大臣指定校である本校には、資格取得に関するメリットがたくさんあります。

[メリット1] 国家試験免除で測量士・測量士補
全国に数少ない国土交通大臣登録測量士養成施設として、難関の国家試験が免除で卒業時に測量士補、実務2年で測量士の資格が与えられます。さらに、土地家屋調査士試験国家試験の一部(測量科目)が免除になります。また、本校入学前に測量士の実務経験が2年あれば、本校卒業時に、即、測量士になる事ができます。
(参考)
   
平成28年測量士・測量士補国家試験全国合格率
測量士10.4% 測量士補35.9%
[メリット2] 樹木医補資格認定校・実務1年で樹木医受験資格取得
本校の造園緑地科は、全国私立専門学校として初めて、道内では北海道大学に次ぎ2校目として、一般財団法人日本緑化センターに「樹木医補資格養成機関」の登録をされています。これにより、卒業時に樹木医補に認定され、通常実務経験7年必要なところ1年で樹木医の受験資格を得られます。
[メリット3] 土木・建築・管工事・電気工事・造園施工管理技士、建設機械施工技士受験資格取得(全国唯一最短コースも有り)
施工管理技士は、建設工事を円滑に進め、工事を完成に導く現場の技術責任者です。
この資格は、工事内容により6種類に分かれています。本校の環境土木工学科・造園緑地科は、この施工管理技士全種目について、国土交通大臣より認定を受けており、実務経験2年で2級、実務経験5年で1級の受験資格が得られます。又、1年制学科の環境土木・造園施工管理科は、1級と2級の土木・造園「施工管理技士」取得の道のりが全国最短です。(全国唯一)
[メリット4] 在学中に2級造園技能士、園芸装飾技能士取得可能
厚生労働大臣指定校の造園緑地科では、1年次に3級造園技能士・3級園芸装飾技能士を受験し、合格者は2年次にどちらかの2級を受験することができます。(希望すれば両方受験することも可能です。)1級造園技能士・園芸装飾技能士は、2級合格後2年の実務経験で受験できます。
[在学中の資格取得も万全] 100%合格を目指したバックアップ体制
取得可能資格
2級土木施工管理技士(学科試験)、2級造園施工管理技士(学科試験)
3級造園技能士、3級園芸装飾技能士、小型車両系建設機械運転講習
2級造園技能士、2級園芸装飾技能士、測量士補、パソコン検定他
資格取得早わかり表を見る
在校生全員受験、全員合格を目指す!
本校では、技術士、1級土木・造園施工管理技士、造園技能士などの上級資格をもった講師が指導にあたっています。そのため、資格取得に関しては北海道はもとより全国平均をも上回る高い合格率をマーク。なかでも、2級造園施工管理技士(学科)試験では平成22年度を除き10年間100%の合格率を達成しています。
資格試験合格率 H28年
2級土木施工管理技士(学科)75.6%
(平成28年度全国平均合格率48.3%)
2級造園施工管理技士(学科)100.0%
(平成28年度全国平均合格率50.4%)
※国土交通省調べ
2級造園技能士100.0%
(平成28年度道内平均合格率68.9%)
2級園芸装飾技能士100.0%
(平成28年度道内平均合格率80.0%)
※厚生労働省調べ
3級造園技能士100.0%
(平成28年度道内平均合格率73.2%)
3級園芸装飾技能士100.0%
(平成28年度道内平均合格率92.3%)
※厚生労働省調べ